FX業者のおすすめ口座をマジメに考える

FX業者のおすすめ口座をマジメに考える

FXは何も考えずに入るとサクッと利益になる時もある。

FXは経済指標に大きな影響を受けます。ですがそういう動きは嫌煙している人もいると思うんですよね。私もそうで荒れてしまって
いるので考えがまとまらずに、気が付くと終わってしまっていて悔しい思いもありますが、危険はやはり怖いモノです。

 

ですが通貨に全く動きが無く、指標だけ動いているような状況と言うのもあります。この前もそうで、ドル円、ユーロドル、ユーロ円
どれも同じ動きでした。ここ何日も一回もトレード出来ていなかったので、一回ぐらいチャレンジしてみるかと思い、よく動くと評判?な
アメリカ経済指標で待っていました。

 

案の定、その時間になるといきなり荒れだして、最初は不味い最初は不味い、と言い聞かせながらタイミングを絞ります。初めは広くなっても
徐々に方向性も出てきたように見えたので、チャートで一本柱が立ってしまった所で買いを入れました。チャート上ではそれまでのロウソク足が
米粒みたいになってしまっているので、かなり恐怖を感じましたね。

 

その時の動きは、始まりから最高値までで1200pips、もしくは120ぐらい出ていました。ポジションを持っている時はいつカクっと下げてしまうか
どうか不安で仕方なくて長くは持っていられませんでしたね。それでも3分の1ぐらいの幅はプラスにする事が出来ました。運よくと言うかいってこい
の形ではなく、終わる時はそれなりに余裕のあるトレードでした。戦略なんかまるでなくただ乗りしたようなものですが、時間も短いし頭も使わない
ですから楽なトレードではありましたね。

 

ただ精神力は普段の何倍も使ってしまったので向き不向きはあります。私には・・・向いてないかも知れません。

テレビのニュースなどで現在の為替価格を見たことがあるという人は多いと思いますが、その価格を決めている要因とは何でしょうか。
一般的に先進国のほうが発展途上国より通貨価格が高騰しているといえます。
通貨の価格を押し上げる原因となっているのは、その通貨や国政の安定感と信頼感、そして長期的に見ての有望性といえるでしょう。
その点を踏まえれば経済大国であるアメリカや日本、ヨーロッパ通貨の価値があるのは当然ですし、資産価値としての安全性こそが金融資産を選ぶときのポイントとなっているようです。
しかしFXではそうした安全通貨だと価格の上下幅が小さいことがデメリットで、敢えてオセアニアやアジア、アフリカの通貨をトレードしたほうが利益になりやすいという側面もあります。
ただ上下幅が大きい通貨を選ぶと、利益も大きくなるのと同時にリスクも高まりますので注意したほうがいいでしょう。
特に新興国の通貨の場合、半年、一年単位ではなく保有していることで価値となるものもあります。
政情不安定な国の通貨を青田買いすることは、よりリスクもありますが金銭的に余裕がある場合魅力的かもしれません。
FXトレーダーの中には、取引する通貨を決めているというタイプや、はたまた数カ国の通貨を同時にトレードしたり、時期に応じて変更しているというタイプもいます。
まず最初は、一通貨から始めることがリスクを低減化させることになりますし、チャートを見て分析することにも積極的になりますので、数カ国分の通貨をトレードするより初心者向けといえるでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/15 08:53:15

FXは馴染みのある海外通貨の取引により成立するため、株などのように複雑でたくさんある銘柄に比べてビギナーでもやりやすいものといわれています。シンプルな取り引きルールで基本的なことを学べば数字が苦手という人にも難しくはないですが、FXにおいて一番気をつけたいのがロスカットです。
逆にいうなら、ロスカットを回避できれば安定したFXが続けられるようになるということですを
ロスカットは、自分が預けていた取引証拠金をオーバーしたりすることにより、その取引証拠金を没収されてしまうというものです。
通常の一倍トレードをする分にはロスカットとはあまり縁がありませんが、十倍や二十倍の通貨をかけてFXしようという人はロスカットにならないように、トレード期間を気をつけなければなりません。
しかし、少ない金額でその何倍もの通貨を動かすことができるいわゆるてこの力と呼ばれるレバレッジによって、少額でFXをスタートさせるという敷居の低さにも繋がっているようです。
最近ではより少ない通貨単位で取引できるFX会社もあるため、100通貨、1000通貨であれば千円から数千円という少額でエントリーできます。
FXには、取り引き期間やスタイルによって、主に次のタイプにカテゴライズされます。
一日のうちに取り引きを何回もするスキャルピング、そして一日のうちに売買を完了させるデイトレード、数日から数週間にかけて通貨を市場に置いたままにするスイングトレードなどです。
しかしFXのトレード方法は人により様々であり、時期によって変化させる人もいます。
かける金額やレバレッジ、そして自分の性格も鑑みて一番適切な手法を見つけることが、FXを長続きさせる秘訣でしょう。

続きを読む≫ 2015/04/15 08:53:15
ホーム RSS購読 サイトマップ